お茶の水メンタルケアサービス メンタルヘルス 心の病 不安 うつ カウンセリング 電話 メール 相談 東京メンタルトレーニング メントレ メンタルトレーナー 緊張 恐怖 メンタルコーチ お茶の水メンタルクリニック 森田療法 大脳生理学 脳科学 神経症 恐怖症 海外駐在員 無料相談 森田療法実践セミナー

スポーツや仕事での緊張や不安を克服し、実力を最大限に発揮したい方のプログラム東京メンタルトレーニングをご希望の方は、下のメニューボタンで「メントレ」を選択してください。

よくある質問

コーチングとメンタルトレーニングはどう違うのですか?

 
コーチングというと野球やサッカーなどスポーツの(スポーツ)コーチを思い浮かべる方が多いのではないかと思います。しかし、今日、ビジネスの世界でも経営者などが専門のコーチを付ける場合があります。ニッサンのカルロス・ゴーン社長などの例が有名です。この場合、何もスポーツのコーチをするわけではありません。ビジネス上で本人や部下たちの能力を最大限に発揮するためのコーチをすることから特にビジネスコーチングと言ったり、単にコーチングと呼んだりします。

コーチングではビジネスのことは本人(クライアント)が一番分かっており、コーチはクライアントが抱えている問題の原因と解決方法を自ら発見するお手伝いをします。例えば、目標を達成できないという問題を抱えているクライアントに対して考えられる原因と解決方法を考えてもらいます。それに対して、コーチは様々な視点や観点から他の原因や解決方法もあるのではないかと指摘してクライアントが最適の答えを導くお手伝いをします。つまりクライアントとコーチの共同作業で最善の結果を引き出すのです。

しかし、目標が達成できない原因が緊張や不安などのメンタル面にあった場合はどうでしょうか?解決方法をクライアントは自ら発見することができるでしょうか?ビジネスコーチはメンタル面での解決方法をアドバイスできるでしょうか?はたしてクライアントとコーチの共同作業が成立するでしょうか?

ビジネスに精通している経営者でもメンタル面まで分かっているとは限りません。ビジネスコーチがメンタル面で問題解決のスキルを持っているとは限りません。この場合、共同作業は不可能です。ここにメンタルトレーニングの必要性があります。

メンタルトレーニングでは緊張や不安、様々なプレッシャーやストレスなどが原因で成果が発揮できない場合の克服方法をトレーニングします。これはビジネスコーチングのスキルとは別のものです。緊張や不安の原因を正しく認識し、合理的な克服方法を取らない限り解決が難しいものです。メンタルコーチやメンタルトレーナーなど専門の訓練を積んだ人たちの指導を必要とします。

今日、メンタルトレーニングはスポーツの分野で盛んに利用されていますが、ビジネスの分野でも職場の士気高揚(やる気向上)などとしても使われることがあります。いまのところビジネスコーチのようにスポーツコーチと区別する呼び方は無いようですが、将来的にはビジネスメンタルコーチあるいはビジネスメンタルトレーナーというようにビジネスのメンタル面を支える専門領域として発展する可能性を持っていると思います。

▲ このページのTOPへ戻る