お茶の水メンタルケアサービス メンタルヘルス 心の病 不安 うつ カウンセリング 電話 メール 相談 東京メンタルトレーニング メントレ メンタルトレーナー 緊張 恐怖 メンタルコーチ お茶の水メンタルクリニック 森田療法 大脳生理学 脳科学 神経症 恐怖症 海外駐在員 無料相談 森田療法実践セミナー

スポーツや仕事での緊張や不安を克服し、実力を最大限に発揮したい方のプログラム東京メンタルトレーニングをご希望の方は、下のメニューボタンで「メントレ」を選択してください。

よくある質問

森田療法とはどういうものですか?

森田療法は森田理論、森田式精神健康法、森田式精神療法などとも呼ばれますが、慈恵会医科大学の初代精神科医だった森田正馬(まさたけ、通称しょうま)(1874年-1938年)が始めたものです。その後、慈恵会医科大学病院の医師らが受け継いで現在に至っています。森田はフロイト(1856年-1939年)より18年遅く生まれていますが、ほぼ同時代を生きていました。当時は日本でもフロイト流の精神分析がもてはやされていた時代ですが、森田はフロイトの考え方は目的論的で非科学的であり現実の治療には役立たないと批判的でした。日本では恩師で東京帝国大学医科大学精神科教授の呉秀三、同医科大学病理学三浦守治などに影響されたと言われています。しかし、自分の治療実践の中から独自の科学的理論を生み出したもので、日本独自の療法として世界でも高く評価されています。森田療法は今日一般に神経症あるいは恐怖症と呼ばれている精神疾患を治療するものですが、その特色は、原因を「心のからくり」にあるとし、治療の基本は「あるがまま」の自分を受け入れることにあるとしていることです。「心のからくり」とは、通常誰にでもあり得る不快感や違和感をことさらに異常視し、これを排除しようとして闘うことによって悪化させ固着させることを言っています。森田は、誰にでもあり得る不快感や違和感を排除しようとすることを、出来ないことを出来ると思ってするという意味で「思想の矛盾」と言っています。つまり、治療には、この「思想の矛盾」を断ち切り、出来もしないことをするのではなく、不快感や違和感をそのままうけいれ実践の中で異常視を解消してゆくことが必要だと言っています。これが「あるがまま」の自分を受け入れるということです。
しかし、重症の場合は、なかなか自力で克服することは難しいですから、森田療法では入院による治療(臥褥療法)も行っています。通常は通院によるカウンセリングで指導し治療します。基本的に薬剤は使いませんが、緊張が激しい場合などには精神安定剤が併用されることもあります。森田療法以外では多種多様な薬を多用する例がありますが、恐怖症や神経症は薬で治るものではありませんので、その薬を服用する目的と効用をよく確認する必要があります。
 
当ケアサービスの主宰者である山村創は自身が神経症で苦しんでいたことから東大の学生時代に森田正馬の著作に出合いました。その考え方が科学的合理的で明快であることに感激し、人生の師と仰ぎ私淑しました。自身の専門である異常心理学の卒業論文は森田理論を応用したものです。森田療法と深く関わるようになったのは社会人になってから一時期神経症を再発したため森田理論を一から勉強し直したことによります。森田療法の自助組織である生活の発見会にも永く参加し、森田療法学会のメンバーでもありました。2004年にメンタルヘルスの専門会社MECCA・JAPANを設立したのを機にフォビア克服講座を開設しました。講座では講習会や研修会を通じて森田理論を実践し、多くの方を克服に導き、その理論の有効性を広く紹介して参りました。山村はとかく言葉づかいが古くさく理解しにくいと言われる森田理論を現代の平易な言葉に置き換えて説明しています。たとえば、「心のからくり」は「ちょっとした勘違い(考え違い)」に言い換え、「あるがまま」や「恐怖突入」のように誤解を招きやすいものについては、言葉だけでなく実践指導の中で具体的に説明しています。(山村)

▲ このページのTOPへ戻る